• Safe campus KEIO

    #KEIOsayno

  • OUR VISION

    現在の慶應義塾大学において、

    性に関わる問題は深刻なものがあります。

    最近の報道にある不祥事等にも

    明らかなように、

    学生の一部にはセクシュアル・ハラスメントを含む性暴力を

    「ネタ」や「ノリ」として片づけ、

    深刻に捉えようとしない風潮が

    存在しています。

    さらに、こうした慶應における

    性暴力をマスメディアが報じている現状を

    受けて、最近では

    慶應に通っているということを恥じ、

    慶應生であることを隠す現役生もいます。

     

    大学側は、性暴力に対してこれまで様々な

    対策を行ってきましたが、

    数々のマスメディアの報道で

    知られている通り、それでもなお

    セクシュアル・ハラスメント、就活レイプ、

    集団での性的暴行、強制わいせつ、痴漢

    といった数々の事件を未然に

    防ぐことはできませんでした。

    また、慶應大学の学生のモラルの乱れは、

    日吉キャンパスにおける、

    近隣住民の方々への迷惑行為にも現れており、

    そういった行為の蔓延と、セクハラ行為の横行は

    大いに関係があるはずです。

    私たちは、こうした状況も視野に入れ、

    今、慶應大学の学生のモラルを高める必要性があります。

     

    まず私たちがセクシュアル・ハラスメントを含む

    性暴力の加害者にならず、

    被害を防ぐことのできる学生になるには、

    自らの判断で動くための知識と環境が必要です。

    そしてこれを達成しないことには、

    性に関わる事件は発生し続けるでしょう。

     

    そこで私たちは、

    学生がセクシュアル・ハラスメントを

    はじめとする性暴力を

    起こさないようにするための環境、

    そして、それを傍観せず阻止することが

    当然であるような環境を整えるべく、

    塾長、常任理事、学部長、研究科委員長、学生部長、協生環境推進室、ハラスメント防止委員会、全塾協議会

    へ下の提言を行います。

     

    ※ この署名活動において、「セクシュアル・ハラスメント(sexual harassment)」とは、男女問わず全ての人に対して成立する人権侵害であり、個人の意に反する性的な言動が行われたり、当人がそれに抵抗したりすることによって不利益を被ること、また、性に関する不適切な言動によって組織の環境が悪化した結果、個人の能力の発揮に悪影響が生じること、と定義しています。

     

    「セクハラを防止できる

    キャンパスを作ろう」

     

    防止できるようなキャンパスにするために、

     

    #1 セクシュアル・ハラスメント含む性暴力防止のための条文を全サークル・学生団体

    会則にもうけてください

     

    #2セクシュアル・ハラスメント含む性暴力防止につながる授業を必修科目に含めてください

     

    #3 全ての学部でセクシュアル・ハラスメント含む性暴力防止に関する

    イダンスを行なってください

     

     

    この声明に賛同される、慶應義塾大学にて

    研究・教育関係者の方々は

    ページトップの

    署名に参加」または

    以下のURLより

     

    https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe2g8rCGmSPmMgaMZtnLBpprBBFQtxJZOwJnjHCUhiTUJCukw/viewform?usp=sf_link

     

    署名をお願い致します。

    今回の署名活動は慶應義塾大学の関係者による声明という趣旨から学外の

    方はご署名いただけません。

    集約は2020年3月23日24:00時とさせていただきます。

     

    ※ この署名活動において得られた個人に関する情報は全て、本人の承諾を得ることのない形で第三者へ販売、共有、賃貸されることはありません。

    ※ またこれらの提言は、大学当局だけでなく、全学生に行っているものです。

    #1

    セクシャル・ハラスメント含む

    性暴力防止のための条文を全サークル・学生団体の会則にもうけてください

     

    私達は、全てのサークルや学生団体が、性暴力・セクシュアル・ハラスメントを容認しない環境構築に努めるべく、大学当局がしかるべき措置を講じることを求めます。そうした環境づくりの第一歩として、学生にとって身近な組織であるサークル・学生団体の会則の中に、性暴力・セクシュアル・ハラスメント行為を断固たる態度で排除し、防止するという旨の条文を含めるよう義務づけることを求めます。

    #2

    セクシャル・ハラスメント含む

    性暴力防止につながる授業を必修科目に含めてください

     

    私たちはセクハラ防止に繋がる授業を必修科目に含めることを求めます。セクハラは性暴力の一部であり、重大な人権侵害であるという倫理を学ぶ機会を全学生に提供することは、性暴力の抑止に直結します。具体的には、e-learningシステムの「大学生活における責任と危機管理」(薬学部、医学部、看護学部は必修科目、サークル役員は履修を強く推奨されている科目)を全学部必修とし、そこにセクシュアル・ハラスメントやデートレイプなどの学生の身近に起こりえる性暴力や性的合意の問題にフォーカスした講義を追加してください。

    さらに、SFCの必修科目である「心身ウェルネス」の講義のうち一回を使って同様の授業を行うことを求めます。

    #3

    全ての学部で

    セクシャル・ハラスメント含む性暴力防止に関する

    ガイダンスを行なってください

     

    私たちは、セクシュアル・ハラスメントを含む性暴力をなくすことを

    目標としたガイダンスを、全ての学部で行うことを求めます。

    現在すでに一部の学部では、性暴力に関するガイダンスが行われていますが、性に関する事件が相次いでいる以上、こうした試みは大学全体で実施するべきです。それを通して学生が早い段階から問題意識を共有することが、セクシュアル・ハラスメントを含む性暴力を「ネタ」や「ノリ」として軽視しない雰囲気作りに繋がります。

  • English

     

    Gender-based violence including sexual harassment and sexual assault on campus

    is a serious issue in every university and Keio University is not an exception.

    As it can be seen in the recent Keio's scandals, some of the students

    take gender-based violence as a joke and by seeing this situation, some students feel

    ashamed of being a Keio university student.

     

    Even with the university authority’s preventive policies and practices in place,

    gender-based violence has not been eradicated.

    Although cases of sexual harassment, job hunting-related rape, sexual assault, indecent assault

    and molestation had been reported in the media, they are only a part.

    In order to avoid being a victim or perpetrator of gender-based violence,

    we need to have the knowledge and the environment which

    enable us to make the right decisions.

    Unless this is achieved, gender-based violence on campus will continue to occur.

     

    To prevent gender-based violence including sexual harassment and to create

    a preventive environment, we propose the following to the university including

    "President”, “Vise-President", "Dean of graduate school", “Dean of students", "Office for equity, Diversity, and inclusion",”Harassment prevention committee”, "全塾協議会".

     

    ※Here, we define “sexual harassment” as the violation of human rights that all people should have regardless of gender.

     

    " Let's make a safe campus free from sexual harassment "

     

    #1 Please introduce articles on the prevention of

    gender-based violence including sexual harassment in the rules

    of all student clubs and student organizations.

     

    #2 Please introduce compulsory courses which

    will lead to the prevention of gender-based violence

    including sexual harassment.

     

    #3 Please give a guidance lecture on preventing

    gender-based violence including sexual harassment in all faculties.

     

    If you agree with these proposals, please sign from

    the top button "JOIN US" or the link below.

     

    https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe2g8rCGmSPmMgaMZtnLBpprBBFQtxJZOwJnjHCUhiTUJCukw/viewform?usp=sf_link

     

    Due : 2020/03/23

     

    ※All the personal information obtained here will not be sold, shared, or rented to a third party without prior consent.

    ※ We make these proposals to all students of Keio University.

     

    #1 Please introduce articles on the prevention of gender-based violence including sexual harassment in the rules of all student clubs and student organizations. ​

    ※ Here, "student clubs", which are called "Circles(サークル)", are student groups composed of members who share the same hobbies or aims.

      

    To create a preventive environment, we demand the university authorities to take appropriate measures towards eradication and prevention of gender-based violence including sexual harassment on campus. As the first step, we propose the university authorities to make all student clubs and student organizations introduce including sexual harassment rules which do not tolerate gender-based violence.

    #2 Please introduce compulsory courses which will lead to the prevention of gender-based violence including sexual harassment.

    We demand that compulsory courses which will lead to the prevention of gender-based violence including sexual harassment be introduced. Providing students an opportunity to acquire an ethical view that sexual harassment is a form of gender-based violence that is a serious violation of human rights will directly lead to the prevention of gender-based violence. More specifically, we demand that the e-learning course “Responsibilities and Crisis Management in College Life” (a compulsory course in the faculties of Medicine, Pharmacy, and Nursing and Medical Care, and strongly encouraged to core members of student clubs to enroll)be made compulsory for students of all faculties. Furthermore, we demand that this course include lectures focused on issues surrounding sexual consent and gender-based violence which may occur to any student, such as sexual harassment and date rape. We further demand that a similar lecture be included in the compulsory course “Wellness of the Body and Mind” offered in SFC .

    #3 Please give a guidance lecture on preventing gender-based violence including sexual harassment in all faculties.

    We demand that all faculties give students a guidance lecture on preventing gender-based violence including sexual harassment. Although currently, such lectures are given in some faculties, considering that cases of gender-based violence continue to occur, this attempt should be carried out throughout the university. Through these lectures, students will be able to share the awareness of the problem at an early stage and this will lead to creating an atmosphere where students will not take gender-based violence including sexual harassment as a joke.

  • NEWS

    What's new?

    私たちのHP本文冒頭にもあるように、慶應大学に関わる性に関わる犯罪はこれまで多く報道されてきました。初投稿のブログではこれまでの報道を簡潔にまとめ、事態の深刻さを皆さまと共有したいと思います🙋‍♀️   ※ 事実関係が明らかではないものについては掲載しておりません。 【慶應に関わる性犯罪等】 2019年 6月 違法風俗店経営で慶應大院生 水上裕一朗容疑者 逮捕 10月 アメフト部 不適切行為 活動休止 11月 元理工学部教授白鳥世明容疑者 下着泥棒 現行犯逮捕 2018年 3月 慶應大OB三好琢也容疑者 就活レイプ 6月 京王線にて慶應大生が痴漢行為 → 威力業務妨害及び都迷惑...
  • Drop Us A Note

     ※こちらはコンタクトフォームであり、署名ではありません。お手数おかけしますが

    署名はトップページの「署名に参加・JOIN US」ボタンよりお願いします。

    すべての投稿
    ×